今後の為に

街角

宮城県の地域の特徴は、東北地方の太平洋側に位置しており、隣接県北に岩手県、西に山形県、南に福島県となっています。
地形となると宮城県の中心部は仙台平野となっており広大な平地です。
山形県との県境には蔵王連峰があります。
東には太平洋となっており、それぞれの地形によって気候も変わってきます。
やはり宮城という地名よりも仙台のほうが全国的に知名度があり、県全体の人口を100とするとそのうち45は仙台市に人口が集まっている一極集中となっています。
それだけでなく、仙台市には県内外から通勤や通学で通う人が大勢います。
仙台市内には、国立の東北大学をはじめとした私立大学や専門学校が多数あります。
東北地方だけでなく全国から通う方もいます。

宮城県を観光するなら仙台駅前の繁華街で買い物を楽しむのもいいのですが、宮城県には仙台市の商業都市だけでなく山もあり海もあります。
山は蔵王連峰があります。
北蔵王と南蔵王に分かれています。
有名な噴火の跡であるお釜があるのは南蔵王にあります。
夏は登山が楽しめ冬はスキーが楽しめます。
また温泉も有名で、全国的に有名な温泉は秋保温泉があります。
そして、県の東側である太平洋側に目を向けると日本三景のひとつとして有名な松島があります。
松島といってもひとつだけ島があるのではなく、無数の島々が点在していてそこを遊覧船で観光することができます。
グルメも有名で、牛タンや笹かまぼこ、ずんだ餅、長なす漬け、みそなどがあります。