情報の集め方

踏切

宮城県では仙台平野での米作が盛んですが、平野部の一部では奥飛騨山脈などにさえぎられて比較的温暖であるため、イチゴなどのハウス栽培が盛んに行われています。
イチゴの品種としてはもういっこという品種が有名です。
きゅうりやねぎといった野菜も盛んに栽培されています。
宮城県特有の農産物としては、全国トップクラスの生産量をほこるせりや、つるむらさきがあります。
宮城伝統野菜として古くから栽培されてきた野菜には、仙台曲がりねぎなどがあり、さらには発祥の地とされるちぢみほうれん草があります。
ちぢみほうれん草は冬場の寒さを生かして甘くなるため、果物のような糖度があるといわれています。
最近では大型ハウスでパプリカも栽培されています。

宮城県の地域の特徴は、県の東は太平洋に面しており、西には奥羽山脈があります。
仙台平野に仙台市があり、人口は県庁所在地である仙台市に集中しています。
現在では、人工の45パーセントが仙台市に在住しており、さらに東北大学などの教育機関に人が集まることから、大学生大学院生などの人口割合が多いです。
その仙台市のまわりを郡部が取り囲むかたちになっています。
仙台市は、東北でも有数の豊かな自然が残っていることから杜の都と呼ばれています。
歴史的伝統や文化遺産、松島などの美しい観光地などもあります。
気候は夏はあまり暑くならず、冬は東北地方の中では比較的温暖ですので、過ごしやすい地域であるといえます。
県北の仙北地域は大雪になることがあります。